2009年08月25日

迷子のボクちゃん

個人で迷い犬の保護をしている方がいます。


記事の転載等、ご協力をお願い致します。




8/9(日)早朝、京王稲城駅付近の住宅地で


シーズーの男の子(未去勢)を保護しました。



保護されている方は、素人の方で保護することの難しさ等限界を感じながらも


一生懸命にお世話されています。


ボクちゃんは高齢で病気<腫瘍>もあります。


ただ、ご自身や家庭の事情で保護できる期間も限られています。


そこで、継続して保護してくださる方、また、里親になってくださる方を探しています。


保護当時のお写真下下

保護当時.jpg


現在のお写真下下

現在.jpg




詳しくは、ぢゅんさんのブログをご覧下さい



迷子のボクちゃん。保護ブログ





個人が迷子のワンコを保護することの難しさを痛感しています。

団体で保護していれば、何らかの事情で預かれなくなった場合、
他の方に代わってもらう事も出来るのに。

病気や怪我などの場合の治療費も、団体の寄付金から賄ってもらえるのに・・・

病気の事やお世話の事など不安なことがあればたくさんの仲間に相談することも出来るのに。

何もかも、1人で考え解決していかなければならない不安。

数少ない情報網で、いつ見つかるかわからない飼い主や里親を探すことの不安。

今回の件で保護された方に対して、心無い言葉を投げ掛ける人もいるようですが、

なぜそんな言葉を投げ掛けることができるのか理解に苦しみます。

ご自身だったら保護できましたか?

病気の子を病院へ連れて行き高額の治療費を負担できますか?

預かっている方の家庭環境をご自身に置き換えて考えたら分かることだと思います。

責任のない人の心無い言葉で、どれだけ傷付くか・・・

タダでさえ心が折れそうになっているところへ励ましどころかこんな卑劣な言葉を投げ掛けて。


私が通勤途中やお散歩中に迷子ちゃんを見かけたら・・・

保護しようにも会社は?自宅マンションはチェリーだけしか・・・

それでも。それでも。。。

考えただけでも胸が苦しくなります。

行動に移せたぢゅんさんに感謝の言葉しかありません。

なので、力になれませんが少しでも多くの方の目に留まるよう、記事にさせて頂きました。



ご協力宜しくお願いいたします。

ニックネーム びんちぇ at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする